« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜 代々木 その3

日曜日の昼公演は南スタンド2Fのほぼ左端です。
最後尾だったので後ろに荷物おけます。
はじっこなので広いです。
空調の送風口の真横なので涼しいです。

ステージから少々遠いことをのぞけば最高の条件です。
道重さんに限って言えば土曜よりも遥かに見やすい位置です。
すばらしいですね。ありがとうチケットぴあ。

なんか昼と全く同じ書き出しですが、昼と同じ席だったから仕方が無いのです。
昼と違うのは今回は4枚連番と言うことです。
警備のお姉ちゃんも昼と同じ人です。
また同じ人間が来たことに気づいて軽く引いてます。

四人居るので昼よりもたちが悪いです。
Berryz工房の曲で凄まじく頑張っていたぱぴさんの為に
残り3人はぱぴさんの応援をしてみました。
本人はとっても必死だったので全く気づいてなかったそうです。
それもなかなかにすごいと思います。

今回は紺野さんの卒業公演です。
小川さんもコンサートとしては最後の公演になります。
とうとう5期からも卒業する人が出ました。

卒業公演では卒業する方に残りの方がメッセージを言います。
感動的なシーンです。
って訳で各メンバーのコメントについてのなんとなく書きます。

亀井さん
えらい勢いで泣いてました。大泣きです。仕方ないでしょうね。

田中さん
この方もえらい勢いで泣いてます。ですが、コメントを聴くと。
「小川さんの変な動きを陰で見てました。」とか言ってます。
実は笑いを取りたかったのでしょうか。

久住さん
やはりえらい勢いで泣いてました。リアルで「うえーん」って無く人見ました。
ある意味すごく貴重かもしれません。

道重さん
我らが道重さんは6期のなかで唯一平静を保っていました。
ちゃんとコメントできてました。エラい。
そのコメントはいつものように失礼天然全開でしたが。
いつものことなので仕方ありません。
あと紺野さんの卒業を持って娘。のピンク好き担当になるそうです。
卒業の悲しみよりも自分がピンク担当になるのがうれしいのかもしれません。
自分大好き感がよく出てて好感が持てますね。

高橋さん
ちゃんと平静を保って喋ってるように見えましたが、
何を言ってるのかさっぱりわかりません。
やっぱり卒業で動揺してたのかもしれません。
いつも何言ってるかわからんのでいつも通りかもしれませんが。

新垣さん
分けわからんこと言ってた高橋さんに突っ込みは入れれましたが、
自分の番になると大泣きです。同じぐらい何言ってるかわからんくなってました。
普段はしっかり者ですが、今回は仕方ないとおもいます。

藤本さん
この前、初めて一緒にご飯を食べに行ったそうです。
会場がかなりどよめいてました。
本当に行ったんだと主張してましたが
会場のどよめきの理由はそうでなくて
今まで一度も無かったことに対するどよめきだと思います。

吉澤さん
リーダーとしてかなりかっこいいコメントをしてました。
見事です。さすが三代目リーダーです。
しっかりコメントしてましたが、途中少し涙をこらえるところもありました。
一番感動的だった気がします。

紺野さんはこれで芸能界から離れて生活をされることになります。
最近は卒業してもハロプロに残るパターンが多かっただけに
感慨深いものがありました。
卒業してからも今までのように頑張っていってくれると思います。


私も黄色のシャツを卒業してピンクのシャツを買うことになりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜 代々木 その2

日曜日の昼公演は南スタンド2Fのほぼ左端です。
最後尾だったので後ろに荷物おけます。
はじっこなので広いです。
空調の送風口の真横なので涼しいです。

ステージから少々遠いことをのぞけば最高の条件です。
道重さんに限って言えば土曜よりも遥かに見やすい位置です。
すばらしいですね。ありがとうイープラス。

昼公演の隣はぱぴさんでした。
公演が始まって℃-uteの出演がやってきました。
ここはアニキがどれだけ頑張っているかを見なくてはなりません。
ですが、代々木は大きな会場です。さすがに見つかりは・・・・
丁度反対側にすごく元気に動いている白サイリウム発見。
まさかこんな簡単に見つかるとは思いませんでした。
白が目立つのか、アニキが頑張りすぎてるのか。

こっちも向こうからわかる様に動いてみます。
後ろにいた警備のお姉ちゃんが引いてる気がしますが気にしません。
席が遠いので見てるだけではつまらないのでいろいろと楽しんでみます。
楽しんでるうちにルノワールの時の振りがレインボーピンクになってました。
となりのぱぴさんも同じ動きをしてたのできっと正解だったのだと思います。

その、ぱぴさんですが新垣さんがこちらの席側にあまりこないので
ずっとBerryz工房を見られていました。
近くに着たメンバーをわざわざ解説してくれる丁寧具合です。
私もお礼に道重さんの現在位置を説明しましたが不評だったようです。
なぜでしょうね。不思議でなりません。

そんなこんなで席が広くて後ろなのをいいことに遊んでました。
警備員のお姉さんはいっさいこちらを見ようとしません。
警備の必要がないぐらい模範的な客だったということにしたいと思います。

最後は娘。の出番です。
ふとみると紺野さんと小川さんだけ昨日と衣装が違います。


(設問)
次の瞬間、後ろで見てた二人がしばらく会話せずに黙っていた訳を答えよ
(15点)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜 代々木 その1

紺野さんの卒業公演だったハロプロの代々木公演に行ってきました。
土日の合計3公演見ました。

今回ステージがアリーナの真ん中に田の形であります。
そのためアリーナ席とスタンド席ではステージまでの距離が代わりません。
むしろスタンド席に近い両辺がメインステージなのでアリーナは外れです。

土曜日は北スタンド1Fで見ました。
真ん中からちょっと外れてる程度でなかなかの好位置です。
今回はワンダフルハーツランドってことで若い衆が沢山でてます。
ってかエルダーな方々は出演すらしていません。
娘。さんは出演しているので道重さんメインになりそうです。

土曜の主な見所としては
℃-uteの出演しているところでスタンド二階最前に居たアニキがすごく元気
Berryz工房の出演しているところではその隣にいたぱぴさんがすごく元気
面白すぎてステージほとんど見てません。

肝心の道重さんは配置上北スタンド側にくるのはほとんど一瞬だけ
一曲居るのは最後の曲だけです。
自分は何を見に来たのかわかりません。

ライブ終了後は知り合い10人ほどで居酒屋に移動。
個室だったこともあってなんかえらい勢いでみんな飲んでます。
アニキはほとんど℃-uteのことしか話しません。
高橋さんはどうなってしまうのでしょうか。
ぱぴさんもほとんどBerryz工房のことしか話しません。
新垣さんはどうなってしまうのでしょうか。
ツキさんは石川さんの怪しげなポーズの写真を印籠のように出してきます。
もとからこんな感じの人なのである意味変化なしです。


関西勢はどこに旅立とうとしてるのでしょうか

| | コメント (5) | トラックバック (0)

道重さゆみ誕生日

7/13は道重さんの17歳の誕生日でした。
一瞬何歳になったのかわかってない自分がいました。
かなりの勢いでヲタ失格している気がします。

きっと世界中で誕生日を祝う盛大なお祭りが開かれたと思います。
いまいちその様子が報道されていないのはマスコミの陰謀だと思います。
世の中の大きな力になんかこういろいろあるのだと思います。
恐ろしいですね。

オーディション当初は壮絶な歌唱力で話題をかっさらった道重さん
現在はその歌唱力も成長して・・・るきがします。
少なくとも一音もあっていないということはありません。
そういう意味では石川さんを既に超えたと言っていいと思います
超えても何の自慢にもならないわけですが。

今年の春ツアーではレインボーピンクで大活躍でした
あんな頭の弱そうな振りはそうできるもんじゃないと思います。
天賦の才がなければできません。

今度の秋ツアーではレインボーピンクなさそうですし
チケットも落選祭りだったので見る機会が減りそうです。


実際始まってみないとわからない訳ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カジュアルディナーショー 安倍なつみ

安倍八段のディナーショーに当選したので行ってきました。
今回もいつものようにランチショーです。

入り口でCDを買うとサイン色紙がついてくるサービスがあるのですが
今回は売り切れてました、さすがは八段。人気です。

係の人に案内されて席に向かいます。最前列でした。
えっと何かの罠でしょうか。
ろくな死に方をしないようにという呪いでしょうか。
今まで全く当たったことのなかった最前列というチケットが
安倍八段のときだけ既に3回目です。
国家レベルの陰謀の匂いを感じますね。
何やらキナ臭くなってきました。

食事の間もかなり緊張してます。
同じテーブルには、仙台や新潟から来られた方もいました。
みなさん気合い入ってます。

足利の中央最前列も近かったですが、今回はそれよりも近いです。
今回は夏も近づいてきたということでハワイアンアレンジを中心にした編曲
いつものように八段の技術が随所に光ります。
さすがです。いままで近くで見て耐性がついたと思ってましたが、足りませんでした。
負けました。なにに負けたかはよくわかりませんが負けた気がしました。


永世名人とか竜王にならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »